本日の”鳥”情報(No.174)2014年03月07日

<ベニマシコ>
渡良瀬西コース(葉鹿橋~松原橋)
●セキレイ科 [セグロセキレイ、キセキレイ、タヒバリ]
●ホオジロ科 [ホオジロ、アオジ、カシラダカ]
●ヒバリ科 [ヒバリ]
●カイツブリ科 []
●キジ科 []     
●カワセミ科 [カワセミ]  
●キツツキ科 [コゲラ、アカゲラ]
●ムクドリ科 [ムクドリ]
●ハト科 [キジバト]
●メジロ科 [メジロ]
●スズメ科 [スズメ]
●チドリ科 [イカルチドリ]    
●ウ科 [カワウ]
●ヒタキ科 [ツグミ、シロハラ、トラツグミ、ジョウビタキ]     
●ウグイス科 [ウグイス]
●ヨシキリ科 []
●ムシクイ科 [] 
●セッカ科 []
●キクイタダキ科 []         
●ハヤブサ科 []   
●シギ科 []     
●アトリ科 [カワラヒワ、シメ、ベニマシコ]
●モズ科 [モズ]      
●ヒヨドリ科 [ヒヨドリ]
●タカ科 [トビ]
●ミサゴ科 []
●サギ科 [アオサギ、ダイサギ]
●クイナ科 []
●カラス科 [ハシボソガラス、ハシブトガラス、カケス]
●カモ科 [コガモ、マガモ]         
●シジュウカラ科 [シジュウカラ]
●ゴジュウカラ科  
●イワヒバリ科  
●アマツバメ科 []  
●エナガ科 [エナガ]
●カッコウ科 []    
●フクロウ科    
●ツバメ科 []
●カモメ科 []     
●ヨタカ科     
●レンジャク科 []   
●カササギヒタキ科 
●サンショウクイ科 
●チメドリ科 []   
●ミソサザイ科
備考
★ ホオジロ <渡良瀬では、まだウグイスの初鳴きは聞いていないが、ホオジロやシジュウカラのさえずりは頻繁に聞こえるようになった。また、ツグミやカシラダカの羽毛も三月に入り、一段と赤味を増してきたようだ……>
★ トラツグミ <一時期に比べるとツグミやシロハラなどのツグミ類を観察する機会は増えているが、緑地公園内でのトラツグミは、今日が初認だ……>
★ ベニマシコ <ここのところ、緑地公園内の用水路に頻繁に姿を現しているようだ……>

本日の”鳥”情報(No.175)2014年03月16日

<ヒレンジャク>
渡良瀬西コース(葉鹿橋~松原橋)
●セキレイ科 [セグロセキレイ、キセキレイ]
●ホオジロ科 [ホオジロ、アオジ、オオジュリン]
●ヒバリ科 [ヒバリ]
●カイツブリ科 [カイツブリ]
●キジ科 [キジ、コジュケイ]     
●カワセミ科 [カワセミ]  
●キツツキ科 [コゲラ、アカゲラ]
●ムクドリ科 [ムクドリ]
●ハト科 [キジバト]
●メジロ科 []
●スズメ科 [スズメ]
●チドリ科 [イカルチドリ]    
●ウ科 [カワウ]
●ヒタキ科 [ツグミ、シロハラ、ジョウビタキ]     
●ウグイス科 [ウグイス]
●ヨシキリ科 []
●ムシクイ科 [] 
●セッカ科 []
●キクイタダキ科 []         
●ハヤブサ科 []   
●シギ科 []     
●アトリ科 [シメ、ベニマシコ]
●モズ科 [モズ]      
●ヒヨドリ科 [ヒヨドリ]
●タカ科 [トビ]
●ミサゴ科 []
●サギ科 [アオサギ、ダイサギ]
●クイナ科 [オオバン]
●カラス科 [ハシボソガラス、ハシブトガラス、カケス、オナガ]
●カモ科 [コガモ、マガモ、カワアイサ、オシドリ、カルガモ]         
●シジュウカラ科 [シジュウカラ]
●ゴジュウカラ科  
●イワヒバリ科  
●アマツバメ科 []  
●エナガ科 [エナガ]
●カッコウ科 []    
●フクロウ科    
●ツバメ科 []
●カモメ科 []     
●ヨタカ科     
●レンジャク科 [ヒレンジャク]   
●カササギヒタキ科 
●サンショウクイ科 
●チメドリ科 [カオジロガビチョウ]   
●ミソサザイ科
備考
★ ヒレンジャク <今年もヒレンジャクの季節がやってきた。昨年は、初認が3/5だったので、今季はそれより10日遅れの飛来ということになる。本日の総個体数は6羽と少なめではあったが、今後の動向が気になるところだ。ただ、当地ではヒレンジャクの本格的な飛来は4月~5月初旬なので、3月中にこれから再び観察されるかどうかは何ともいえない……>
★ ウグイス <遅ればせながら、今日、やっと”渡良瀬ウグイス”の初鳴きを聞くことができた。初鳴きにしては、合格点のできか……>
★ オシドリ <番と思われる一組がコガモやマガモに混じって飛来していた……>
★ カシラダカ <オオジュリンは見られたが、カシラダカの姿は確認できなかった。3月も中旬を迎え、早くも旅立ったか?……>

本日の”鳥”情報(No.176)2014年03月27日

<カケス>
渡良瀬西コース(葉鹿橋~松原橋)
●セキレイ科 [セグロセキレイ]
●ホオジロ科 [ホオジロ、アオジ]
●ヒバリ科 [ヒバリ]
●カイツブリ科 []
●キジ科 [キジ]     
●カワセミ科 [カワセミ]  
●キツツキ科 [コゲラ]
●ムクドリ科 [ムクドリ]
●ハト科 [キジバト]
●メジロ科 []
●スズメ科 [スズメ]
●チドリ科 [イカルチドリ]    
●ウ科 [カワウ]
●ヒタキ科 [ツグミ、シロハラ、ジョウビタキ]     
●ウグイス科 [ウグイス]
●ヨシキリ科 []
●ムシクイ科 [] 
●セッカ科 []
●キクイタダキ科 []         
●ハヤブサ科 []   
●シギ科 []     
●アトリ科 [シメ、カワラヒワ]
●モズ科 [モズ]      
●ヒヨドリ科 [ヒヨドリ]
●タカ科 [トビ、ノスリ、ハイタカ]
●ミサゴ科 []
●サギ科 [アオサギ、ダイサギ]
●クイナ科 [オオバン]
●カラス科 [ハシボソガラス、ハシブトガラス、カケス、オナガ]
●カモ科 [コガモ]         
●シジュウカラ科 [シジュウカラ]
●ゴジュウカラ科  
●イワヒバリ科  
●アマツバメ科 []  
●エナガ科 [エナガ]
●カッコウ科 []    
●フクロウ科    
●ツバメ科 [ツバメ]
●カモメ科 []     
●ヨタカ科     
●レンジャク科 []   
●カササギヒタキ科 
●サンショウクイ科 
●チメドリ科 [カオジロガビチョウ]   
●ミソサザイ科
備考
★ 改修工事がやっと終了したので、久しぶりに西コースを歩いてきた。特に目立った動きはなかったが、カモ類はコガモのみでその他のカモ類は確認出来なかった。猛禽はノスリとハイタカの二種を観察した。