本日の”鳥”情報(No.230)2016年10月27日


<エゾビタキ>

渡良瀬西コース(葉鹿橋~松原橋) 

●セキレイ科 [セグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイ、ビンズイ] 

●ホオジロ科 [ホオジロ、アオジ、カシラダカ] 

●ヒバリ科 [] 

●カイツブリ科 [] 

●キジ科 []      

●カワセミ科 [カワセミ]   

●キツツキ科 [コゲラ、アカゲラ] 

●ムクドリ科 [] 

●ハト科 [キジバト] 

●メジロ科 [メジロ] 

●スズメ科 [スズメ] 

●チドリ科 []     

●ウ科 [カワウ] 

●ヒタキ科 [エゾビタキ、ジョウビタキ]     

●ウグイス科 [ウグイス] 

●ヨシキリ科 [] 

●ムシクイ科 []  

●セッカ科 [] 

●キクイタダキ科 []          

●ハヤブサ科 []    

●シギ科 []      

●アトリ科 [カワラヒワ、シメ、イカル] 

●モズ科 [モズ]       

●ヒヨドリ科 [ヒヨドリ] 

●タカ科 [ツミ] 

●ミサゴ科 [] 

●サギ科 [ダイサギ、アオサギ] 

●クイナ科 [] 

●カラス科 [カケス、ハシブトガラス] 

●カモ科 []          

●シジュウカラ科 [シジュウカラ、ヤマガラ] 

●ゴジュウカラ科   

●イワヒバリ科   

●アマツバメ科 []   

●エナガ科 [エナガ] 

●カッコウ科 []     

●フクロウ科     

●ツバメ科 [] 

●カモメ科 []      

●ヨタカ科      

●レンジャク科 []    

●カササギヒタキ科  

●サンショウクイ科  

●チメドリ科 [カオジロガビチョウ]    

●ミソサザイ科 

備考 

★ エゾビタキが少数ながらまだ観察されている。今日は三羽を確認した。


本日の”鳥”情報(No.229)2016年10月26日


<ジョウビタキ>

渡良瀬西コース(葉鹿橋~松原橋) 

●セキレイ科 [セグロセキレイ、キセキレイ、ビンズイ] 

●ホオジロ科 [ホオジロ、アオジ] 

●ヒバリ科 [] 

●カイツブリ科 [] 

●キジ科 []      

●カワセミ科 []   

●キツツキ科 [コゲラ、アカゲラ、アオゲラ] 

●ムクドリ科 [] 

●ハト科 [キジバト] 

●メジロ科 [メジロ] 

●スズメ科 [スズメ] 

●チドリ科 []     

●ウ科 [カワウ] 

●ヒタキ科 [エゾビタキ、ジョウビタキ]     

●ウグイス科 [ウグイス] 

●ヨシキリ科 [] 

●ムシクイ科 []  

●セッカ科 [] 

●キクイタダキ科 []          

●ハヤブサ科 []    

●シギ科 []      

●アトリ科 [カワラヒワ、シメ、イカル] 

●モズ科 [モズ]       

●ヒヨドリ科 [ヒヨドリ] 

●タカ科 [トビ、オオタカ] 

●ミサゴ科 [] 

●サギ科 [ダイサギ] 

●クイナ科 [] 

●カラス科 [カケス、ハシブトガラス] 

●カモ科 []          

●シジュウカラ科 [シジュウカラ] 

●ゴジュウカラ科   

●イワヒバリ科   

●アマツバメ科 []   

●エナガ科 [エナガ] 

●カッコウ科 []     

●フクロウ科     

●ツバメ科 [] 

●カモメ科 []      

●ヨタカ科      

●レンジャク科 []    

●カササギヒタキ科  

●サンショウクイ科  

●チメドリ科 [カオジロガビチョウ]    

●ミソサザイ科 

備考  

★ ジョウビタキの陣取り合戦が日々激化している。今日は♂♀三つ      巴の場面も観察された。 

★ エゾビタキが今日も観察された。


本日の”鳥”情報(No.228)2016年10月25日


<シメ>

渡良瀬西コース(葉鹿橋~松原橋) 

●セキレイ科 [セグロセキレイ、キセキレイ、ビンズイ] 

●ホオジロ科 [ホオジロ、アオジ] 

●ヒバリ科 [] 

●カイツブリ科 [] 

●キジ科 [キジ]      

●カワセミ科 [カワセミ]   

●キツツキ科 [コゲラ、アカゲラ、アオゲラ] 

●ムクドリ科 [] 

●ハト科 [キジバト] 

●メジロ科 [メジロ] 

●スズメ科 [スズメ] 

●チドリ科 []     

●ウ科 [] 

●ヒタキ科 [エゾビタキ、ジョウビタキ、キビタキ]      

●ウグイス科 [ウグイス] 

●ヨシキリ科 [] 

●ムシクイ科 []  

●セッカ科 [] 

●キクイタダキ科 []          

●ハヤブサ科 []    

●シギ科 []      

●アトリ科 [カワラヒワ、シメ、イカル] 

●モズ科 [モズ]       

●ヒヨドリ科 [ヒヨドリ] 

●タカ科 [ノスリ] 

●ミサゴ科 [ミサゴ] 

●サギ科 [ダイサギ、アオサギ] 

●クイナ科 [] 

●カラス科 [カケス、ハシブトガラス] 

●カモ科 [カルガモ]          

●シジュウカラ科 [シジュウカラ、ヤマガラ] 

●ゴジュウカラ科   

●イワヒバリ科   

●アマツバメ科 []   

●エナガ科 [エナガ] 

●カッコウ科 []     

●フクロウ科     

●ツバメ科 [] 

●カモメ科 []      

●ヨタカ科      

●レンジャク科 []    

●カササギヒタキ科  

●サンショウクイ科  

●チメドリ科 [ガビチョウ]    

●ミソサザイ科 

備考 

★  冬鳥たちの飛来に伴い、緑地公園周辺の野鳥の種数及び個体数が増加し   てきた。これまでに確認された冬鳥は、シメ、ジョウビタキ、カシラ    ダカの三種。

★ 緑地公園のムクノキやエノキの実を求めて、イカルが連日飛来してい    る。 

★ エゾビタキ、キビタキが少数ながらまだ観察されている。

本日の”鳥”情報(No.227)2016年09月21日


<ツツドリ>

渡良瀬西コース(葉鹿橋~松原橋) 

●セキレイ科 [セグロセキレイ、キセキレイ] 

●ホオジロ科 [ホオジロ] 

●ヒバリ科 [] 

●カイツブリ科 [] 

●キジ科 []      

●カワセミ科 [カワセミ]   

●キツツキ科 [コゲラ、アカゲラ] 

●ムクドリ科 [] 

●ハト科 [キジバト] 

●メジロ科 [メジロ] 

●スズメ科 [スズメ] 

●チドリ科 []     

●ウ科 [] 

●ヒタキ科 [エゾビタキ]      

●ウグイス科 [] 

●ヨシキリ科 [] 

●ムシクイ科 []  

●セッカ科 [] 

●キクイタダキ科 []          

●ハヤブサ科 []    

●シギ科 [クサシギ]      

●アトリ科 [] 

●モズ科 []       

●ヒヨドリ科 [ヒヨドリ] 

●タカ科 [トビ、ハチクマ] 

●ミサゴ科 [] 

●サギ科 [ダイサギ、アオサギ] 

●クイナ科 [] 

●カラス科 [カケス、ハシブトガラス] 

●カモ科 []          

●シジュウカラ科 [シジュウカラ] 

●ゴジュウカラ科   

●イワヒバリ科   

●アマツバメ科 []   

●エナガ科 [エナガ] 

●カッコウ科 [ツツドリ]     

●フクロウ科     

●ツバメ科 [] 

●カモメ科 []      

●ヨタカ科      

●レンジャク科 []    

●カササギヒタキ科  

●サンショウクイ科  

●チメドリ科 [カオジロガビチョウ]    

●ミソサザイ科 

備考 

★ ツツドリ <普通型と赤色型の二個体を確認> 

★ カケス <林の上空を飛び交う姿を頻繁に確認するようになってきた> 

★ ハチクマ <緑地公園上空を西の方角に飛び去る>


本日の”鳥”情報(No.226)2016年09月16日


<エゾビタキ>

渡良瀬西コース(葉鹿橋~松原橋) 

●セキレイ科 [セグロセキレイ] 

●ホオジロ科 [] 

●ヒバリ科 [] 

●カイツブリ科 [] 

●キジ科 []      

●カワセミ科 []   

●キツツキ科 [コゲラ、アカゲラ] 

●ムクドリ科 [] 

●ハト科 [キジバト] 

●メジロ科 [メジロ] 

●スズメ科 [スズメ] 

●チドリ科 []     

●ウ科 [] 

●ヒタキ科 [キビタキコサメビタキエゾビタキ]      

●ウグイス科 [] 

●ヨシキリ科 [] 

●ムシクイ科 []  

●セッカ科 [] 

●キクイタダキ科 []          

●ハヤブサ科 []    

●シギ科 []      

●アトリ科 [イカル 

●モズ科 []       

●ヒヨドリ科 [ヒヨドリ] 

●タカ科 [] 

●ミサゴ科 [] 

●サギ科 [] 

●クイナ科 [] 

●カラス科 [ハシブトガラス] 

●カモ科 []          

●シジュウカラ科 [シジュウカラ] 

●ゴジュウカラ科   

●イワヒバリ科   

●アマツバメ科 []   

●エナガ科 [] 

●カッコウ科 [ツツドリ]     

●フクロウ科     

●ツバメ科 [] 

●カモメ科 []      

●ヨタカ科      

●レンジャク科 []    

●カササギヒタキ科  

●サンショウクイ科  

●チメドリ科 [カオジロガビチョウ]    

●ミソサザイ科 

備考 

★ エゾビタキ <やっと、姿を見せてくれた。昨年の初認日は9/7だったの          で、今年は9日遅れの確認となった。> 


本日の”鳥”情報(No.225)2016年09月15日


<シジュウカラ>

渡良瀬西コース(葉鹿橋~松原橋) 

●セキレイ科 [セグロセキレイ] 

●ホオジロ科 [ホオジロ] 

●ヒバリ科 [ヒバリ] 

●カイツブリ科 [] 

●キジ科 []      

●カワセミ科 [カワセミ]   

●キツツキ科 [コゲラ、アカゲラ] 

●ムクドリ科 [] 

●ハト科 [キジバト] 

●メジロ科 [メジロ] 

●スズメ科 [スズメ] 

●チドリ科 []     

●ウ科 [] 

●ヒタキ科 []      

●ウグイス科 [] 

●ヨシキリ科 [] 

●ムシクイ科 []  

●セッカ科 [] 

●キクイタダキ科 []          

●ハヤブサ科 []    

●シギ科 []      

●アトリ科 [] 

●モズ科 [モズ]       

●ヒヨドリ科 [ヒヨドリ] 

●タカ科 [トビ] 

●ミサゴ科 [] 

●サギ科 [ダイサギ、アオサギ] 

●クイナ科 [] 

●カラス科 [ハシブトガラス] 

●カモ科 []          

●シジュウカラ科 [シジュウカラ] 

●ゴジュウカラ科   

●イワヒバリ科   

●アマツバメ科 []   

●エナガ科 [エナガ] 

●カッコウ科 [ツツドリ]     

●フクロウ科     

●ツバメ科 [] 

●カモメ科 []      

●ヨタカ科      

●レンジャク科 []    

●カササギヒタキ科  

●サンショウクイ科  

●チメドリ科 [カオジロガビチョウ]    

●ミソサザイ科 

備考 

★ エゾビタキ <今日も一羽も確認出来なかった。> 

★ ツツドリ <普通タイプの個体を一羽確認した。>

本日の”鳥”情報(No.224)2016年09月13日


<クサシギ>

渡良瀬西コース(葉鹿橋~松原橋) 

●セキレイ科 [セグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイ] 

●ホオジロ科 [ホオジロ] 

●ヒバリ科 [] 

●カイツブリ科 [] 

●キジ科 []      

●カワセミ科 [カワセミ]   

●キツツキ科 [コゲラ、アカゲラ] 

●ムクドリ科 [] 

●ハト科 [キジバト] 

●メジロ科 [メジロ] 

●スズメ科 [スズメ] 

●チドリ科 []     

●ウ科 [] 

●ヒタキ科 [コサメビタキ]      

●ウグイス科 [] 

●ヨシキリ科 [] 

●ムシクイ科 []  

●セッカ科 [] 

●キクイタダキ科 []          

●ハヤブサ科 []    

●シギ科 [クサシギ]      

●アトリ科 [] 

●モズ科 []       

●ヒヨドリ科 [ヒヨドリ] 

●タカ科 [] 

●ミサゴ科 [] 

●サギ科 [ダイサギ、アオサギ] 

●クイナ科 [] 

●カラス科 [ハシブトガラス] 

●カモ科 []          

●シジュウカラ科 [シジュウカラ] 

●ゴジュウカラ科   

●イワヒバリ科   

●アマツバメ科 []   

●エナガ科 [エナガ] 

●カッコウ科 [ツツドリ]     

●フクロウ科     

●ツバメ科 [] 

●カモメ科 []      

●ヨタカ科      

●レンジャク科 []    

●カササギヒタキ科  

●サンショウクイ科  

●チメドリ科 [カオジロガビチョウ]    

●ミソサザイ科 

備考 

★ エゾビタキ <観察されるのはコサメばかりで、エゾビタキは、今季は、          まだ一羽も確認出来ていない。> 


本日の”鳥”情報(No.223)2016年08月28日


<ツツドリ>

渡良瀬西コース(葉鹿橋~松原橋) 

●セキレイ科 [セグロセキレイ、キセキレイ] 

●ホオジロ科 [ホオジロ] 

●ヒバリ科 [] 

●カイツブリ科 [] 

●キジ科 []      

●カワセミ科 [カワセミ]   

●キツツキ科 [コゲラ、アカゲラ] 

●ムクドリ科 [] 

●ハト科 [キジバト] 

●メジロ科 [メジロ] 

●スズメ科 [スズメ] 

●チドリ科 []     

●ウ科 [] 

●ヒタキ科 [キビタキ、コサメビタキ]      

●ウグイス科 [] 

●ヨシキリ科 [] 

●ムシクイ科 []  

●セッカ科 [] 

●キクイタダキ科 []          

●ハヤブサ科 []    

●シギ科 []      

●アトリ科 [] 

●モズ科 []       

●ヒヨドリ科 [ヒヨドリ] 

●タカ科 [] 

●ミサゴ科 [] 

●サギ科 [ダイサギ] 

●クイナ科 [] 

●カラス科 [オナガ、ハシブトガラス] 

●カモ科 []          

●シジュウカラ科 [シジュウカラ] 

●ゴジュウカラ科   

●イワヒバリ科   

●アマツバメ科 []   

●エナガ科 [] 

●カッコウ科 []     

●フクロウ科     

●ツバメ科 [] 

●カモメ科 []      

●ヨタカ科      

●レンジャク科 []    

●カササギヒタキ科  

●サンショウクイ科  

●チメドリ科 [ガビチョウ]    

●ミソサザイ科 

備考 

★ ツツドリ <確認個体数(1羽)> 

★ コサメビタキ <アカメガシワの木に、複数が断続的に飛来> 

★ キビタキ <確認個体数1羽(平野氏確認)>


本日の”鳥”情報(No.222)2016年08月25日


<コサメビタキ>

渡良瀬西コース(葉鹿橋~松原橋) 

●セキレイ科 [セグロセキレイ、キセキレイ] 

●ホオジロ科 [ホオジロ] 

●ヒバリ科 [] 

●カイツブリ科 [] 

●キジ科 []      

●カワセミ科 []   

●キツツキ科 [コゲラ、] 

●ムクドリ科 [] 

●ハト科 [キジバト] 

●メジロ科 [メジロ] 

●スズメ科 [スズメ] 

●チドリ科 []     

●ウ科 [] 

●ヒタキ科 [コサメビタキ]      

●ウグイス科 [] 

●ヨシキリ科 [] 

●ムシクイ科 []  

●セッカ科 [] 

●キクイタダキ科 []          

●ハヤブサ科 []    

●シギ科 []      

●アトリ科 [] 

●モズ科 []       

●ヒヨドリ科 [ヒヨドリ] 

●タカ科 [] 

●ミサゴ科 [] 

●サギ科 [] 

●クイナ科 [] 

●カラス科 [オナガ、ハシブトガラス] 

●カモ科 []          

●シジュウカラ科 [シジュウカラ] 

●ゴジュウカラ科   

●イワヒバリ科   

●アマツバメ科 []   

●エナガ科 [] 

●カッコウ科 []     

●フクロウ科     

●ツバメ科 [] 

●カモメ科 []      

●ヨタカ科      

●レンジャク科 []    

●カササギヒタキ科  

●サンショウクイ科  

●チメドリ科 []    

●ミソサザイ科 

備考 

★ コサメビタキ <個体数(2)> 

★ ツツドリ <今日は確認出来なかった......>


本日の”鳥”情報(No.221)2016年08月24日


<ツツドリ>

渡良瀬西コース(葉鹿橋~松原橋) 

●セキレイ科 [セグロセキレイ、キセキレイ 

●ホオジロ科 [ホオジロ] 

●ヒバリ科 [] 

●カイツブリ科 [] 

●キジ科 []      

●カワセミ科 []   

●キツツキ科 [コゲラ] 

●ムクドリ科 [] 

●ハト科 [キジバト] 

●メジロ科 [メジロ] 

●スズメ科 [スズメ] 

●チドリ科 []     

●ウ科 [] 

●ヒタキ科 [コサメビタキ]      

●ウグイス科 [] 

●ヨシキリ科 [] 

●ムシクイ科 []  

●セッカ科 [] 

●キクイタダキ科 []          

●ハヤブサ科 []    

●シギ科 []      

●アトリ科 [] 

●モズ科 []       

●ヒヨドリ科 [ヒヨドリ] 

●タカ科 [] 

●ミサゴ科 [] 

●サギ科 [] 

●クイナ科 [] 

●カラス科 [オナガ、ハシブトガラス] 

●カモ科 []          

●シジュウカラ科 [シジュウカラ] 

●ゴジュウカラ科   

●イワヒバリ科   

●アマツバメ科 []   

●エナガ科 [] 

●カッコウ科 [ツツドリ]     

●フクロウ科     

●ツバメ科 [] 

●カモメ科 []      

●ヨタカ科      

●レンジャク科 []    

●カササギヒタキ科  

●サンショウクイ科  

●チメドリ科 []    

●ミソサザイ科 

備考 

★ ツツドリ <今日で今季三回目の確認。どれも同じ個体のような気もする         が今のところ総個体数は不明> 

★ コサメビタキ <ヒタキ類を4〜5羽確認したが、この中にコサメビタキ           以外のヒタキ類が入っていたかどうかは不明>